夏休みだからこそ子どもに家事を手伝わせるべきこれだけの理由

標準

 

 

「家事をする子の方が成績も伸びやすい」という統計があるのをご存知でしょうか。その理由を「自主性が重要という点で両者が共通しているからでは」と推測するのは無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』の著者・真井花さん。真井さんは夏休みを「自主性と家事を身に付けさせる研修期間」と位置づけ、この時期に子供にさせるべき家事とその際の親サイドの心構えについて記しています。

■夏休みにやること

さて、本日は近づいてきた長い闘い、じゃなくて休暇のお話。

もうすぐ夏休みですね! 大人はあんまり休めない上に、学齢期のお子さんがいる家庭では、毎日コドモが家にいてメンドクサイ・・・(×3×)~んじゃないでしょうか。お昼も作らなきゃならないし、どこに行ったのか確認して、帰宅時間もチェックして…といつもよりずっっと家事が増えてしまう期間ですよね。

なので、人手が増える(?)のを逆手に取ってみましょう。いや、増えたのは人手じゃなくて手間だろうっていうツッコミはナシですよ(^Д^)。

人手がいるとできること、それはいつもやらない家事です。ルーティーンの家事をコドモにやらせて、あなた自身はいつも手が回らずやれていない家事をやってみるんです。

そう、夏休みにはコドモに家事を手伝わせるんですよ。

統計上、家事をする子の方が成績も伸びやすいとされています。一見、勉強とは関係ないように思えますが、自主性が重要という点で両者が共通しているんでしょう。家事を分担することで自主性が身に付き、勉強もすこーしづつ自主的にやるようになるんですね。こうなると、もう成績を上げるとかいう近視眼的な目標ではなく、人間力のアップが成績もアップさせるって感じですね。

コツはなんといっても

●カンタンなものを
●毎日ひとつだけ
に絞ることです。家事は一回やればハイ終わりというものではありません。飽きもせず繰り返し毎日行うモノで、逆に言うと毎日やれないなら、できたウチに入らないのです。

相手はもとよりコドモです。難しいことは出来やしません。目標は「毎日繰り返す」、家事を「毎日繰り返させる」ことですから、難しいものを振る必要はないんです。

●靴を揃える
●毎晩玄関の施錠のチェックをする
●鉢物の花に水をやる
●食器をさげる
●玄関前を掃除する
●ゴミを集める
…なんでもいいんですが、5分くらいで終わるものにするといいです。それ以上かかる家事だと、コドモにはまずできず、途中で投げ出してしまいかねませんから。

ちなみに、多分トイレ掃除はかなり難しい部類でしょう。時間も掛かるし、トイレという心理的なハードルもありますからね。お子さんのレベルにも依りますが、アサインしない方がブナンなんじゃないかと思います。

そして、これをやらせる側の親がキモに命じておくことがあります。家事をやらせる側の心得としてキモに命じておきたいのが、必ずやらせることです。ズルけてやらなかった場合でも、大人がやってはいけません。

ここはぐぐぐっとガマンして、そのまま家事を渋滞させるんです。ゴミを集めなかったら、そのままゴミだらけの部屋になるんです。で、ゴミだらけの部屋を見せながら

●やらなかったから、こうなったんだよ
●ちゃんとやりなさい
と叱ることです。いや、思い切り実体験を元にして言えるんですが、こういう姿勢はとても大切です。

コドモはもともと家事の手伝いなんか大嫌いですよ。進んでやるわきゃありません。まあ、自主性を養うのが目的のひとつなんですから、やる前から自主性があるはずないんですよね。

むしろコドモらしいずる賢さで、なんとかサボれないかなあ・・・・・・(`~´)と考えを巡らしているものです。おそらく夏休みの間に遅かれ早かれ、サボるときは来ます。このとき、うっかりやってしまわないことです。やれば必ず味をしめ、次からは「このくらいはセーフ」として徐々に大胆にサボるようになっていきますから。

いや、コドモのころ同じことを考えて実行してみましたが、ものの見事に玉砕したので、よく分かるんです(^Д^)。

夏休みに私が毎日家族の朝食を作ることになったんですが(いや、そうしなさいと決められただけですが)、そりゃもうイヤでイヤで( ̄∇ ̄)。で、私がズルけて作らなかったりすると、誰も作らないし食べない(◆_◆;んです。父は母に作るよう言わないどころか、私を叱るんですよ。もう逃げようがないんだなって悟って仕方なくイヤイヤ毎日朝食を作りました( ̄∇ ̄)。まあ、今となっては良い思い出です。

そろそろやってくる長い闘い。それは、お子さんの自主性と家事を身に付けさせる研修期間なんだと思いますよ。

出典元:まぐまぐニュース!

 

 

幼稚園教諭・保育士の求人サイト|サワダヒューマンワークス
https://www.s-humanworks.com/
保育の仕事情報ナビ
http://www.hoiku4510.com/

実はチャンス!「毎日同じ絵本を持ってくる我が子」どうすればいい?

標準

実はチャンス!「毎日同じ絵本を持ってくる我が子」どうすればいい?

 

子どもが毎日同じ絵本を「これ読んで〜!」と、持ってくる。

 

ママが本を読み終えたと思ったら「もう、1回、もう1回〜!」とせがまれる。

読み手のお母さんは、同じ本を毎回となるとさすがにうんざり……。なんてことありませんか?

そこで今日は、『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』の著者の立石美津子が「同じ絵本をリクエストする子どもへの対応」について語りたいと思います。

■1:リクエストに応じる

子どもは繰り返しが大好き。

 

ママは「もう、何度も読んでいるからたまには違う本にしようよ」と言いたくなりますが、子どもは「反復の人」でもあります。

 

その本をわかっているからこそ、もう一度読んでもらいたいのです。

赤ちゃんに「いないいないばあ」をすると、飽きもしないで毎回笑います。

 

次に何が出てくるか知っていて、期待して笑う準備までしているんです。

 

これは、子どもの脳のつくりに関係しています。

 

こどもは反復によりたくさんのことを学び習得していきます。

たとえば、1歳前後になると立つようになります。

 

ヨロヨロしながら、何度も何度も立っては転び、転んでは立ちます。

「同じことの繰り返しだから歩く練習はそろそろやめよう」なんて赤ちゃんはいません。

 

繰り返し繰り返すことで、覚え、習得していくようになっているのです。

言葉も同じです。

 

同じ絵本を繰り返し読んでもらうことにより言葉を獲得していきます。

「雨が降ってきました」の文章を繰り返し読み聞かせてもらっている子どもは日常会話で外で雨が降ってきたのを見て「ママ、雨が降ってきたね」と使うようになります。

■2:同じ文章だからといって省略しない

子どもの絵本は、一冊の中でも繰り返しが多いですよね。

――桃太郎が歩いていると、犬が出てきて言いました。

「桃太郎さん、桃太郎さん一体どちらにお出かけですか」

「鬼が島に鬼退治に」

「お腰に付けたのは何ですか」

「日本一のきび団子」

「一つください。お供します」

こうして桃太郎は犬を連れて鬼が島へと向かいました――

――桃太郎が犬を連れて歩いていると猿が出てきて言いました。

「桃太郎さん、桃太郎さん一体どちらにお出かけですか」

「鬼が島に鬼退治に」

「お腰に付けたのは何ですか」

「日本一のきび団子」

「一つください。お供します」

こうして桃太郎は犬と猿を連れて鬼が島へと向かいました――

――そこに一羽のキジが飛んできました。

「桃太郎さん、桃太郎さん一体どちらにお出かけですか」

「鬼が島に鬼退治に」

「お腰に付けたのは何ですか」

「日本一のきび団子」

「一つください。お供します」

だからつい、ママはこんなふうに省略してしまいたくなります。

「キジはさっきの犬や猿と同じことを言いました……」

でも子どもは何か違うことに気づいて怒ります。

「ここは〜?ママ、ちゃんと読んで!」

「もううんざり……。」と思ったとしても、同じ本であったとしても、同じセリフを繰り返されていたとしても、できるだけ省略しないで読みましょう。

同じ本、同じ文章を読み聞かせることにより子どもの言葉が豊かになっていきますよ。

詳しくは著者の『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』に書いてありますので、もっと詳しく知りたい方は参考にしてくださいね。

【著者略歴】
※ 立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』等。

 

 

 

*みなさんが活躍できる仕事に就けることを応援しています*

 

 

幼稚園教諭・保育士の求人サイト|サワダヒューマンワークス
https://www.s-humanworks.com/
保育の仕事情報ナビ
http://www.hoiku4510.com/

マスターできてる? 面接の基本姿勢

標準

面接には様々な形式がありますが、どの面接においても共通する基本姿勢があります。

それをしっかり実践できるかどうかで、相手に与える印象にはずいぶん差が出ます。

自分という人間をプレゼンテーションする場ですから、初歩的な基本姿勢でつまづきたくはないものですよね。

ここでは絶対にマスターしておきたい5つのポイントを紹介します。

自分は大丈夫と過信せず、客観的に確認してみましょう。

①姿勢を正して、落ち着いて。

姿勢は印象アップの重要な要素のひとつです。

背筋は伸ばし、あごはしっかり引いて、体や手はむやみに動かさないほうがいいでしょう。

おへそのあたりに意識を集中して 軽く力をいれるイメージを持つと、体の軸が安定しやすくなり良い姿勢を保てます。

 

②相手にしっかり視線を向ける。

緊張のせいか、相手と目を合わせられないという人も意外に多いのもです。

また視線が安定せずキョロキョロするのも、面接官から見ると落ち着きがない印象になりかねませんので避けましょう。

とはいえ、あまり凝視しすぎるのもNGなので要注意。

たまには視線を相手の額やのどに外すなどの工夫は必要です。

 

③即答せず、考えて答える。

質問された場合は、相手の意図を正確に把握してから適切な回答をしましょう。

意図がよくわからない時は「それは●●と捉えて(考えて)もよろしいでしょうか?」 などと確認してもOK。

質問意図への理解があいまいなまま、うわべだけの返答をしないように注意してください。

④声は大きく、ゆっくりと。

人間は緊張すると自分が思っている以上に早口で話してしまう傾向があります。

早口でまくしたてては相手が聞き取りづらく、内容もよく伝わりません。

理想のスピードはだいたい、1分間で350 文字〜 400文字位だと言われています。

自分の早さを知りたい人は、実際に計測してみるのもおすすめ。

早さに加え、声のトーン、身振り手振りや顔の表情なども意識して改善すれば、より面接で自信を持てるでしょう。

 

⑤今の自分に自信を持つ

成長する将来性を持った自分に自信を持ちましょう。

謙虚な姿勢は大切ですが、「まだ学生だから……」という負い目や甘えは不要です。

学生が発展途上なのは人事担当者は百も承知。

今は完璧でなくとも、これから努力し続ける熱意や覚悟があるかどうかが重要なのです。

もちろん、根拠のないナルシスト的な過信とはまったく違うので注意してくださいね。

 

いかがでしたか?

まずは5つのポイントを意識して取り組んでみてください。

知識や経験よりも、基本的な印象面でマイナス評価される学生が実は大半です。

機械が合否を決めているわけではありませんから、誠意を持って人に接する際の基本姿勢をもう一度しっかり確認してみましょう。
*みなさんが活躍できる仕事に就けることを応援しています*
幼稚園教諭・保育士の求人サイト|サワダヒューマンワークス
https://www.s-humanworks.com/

保育の仕事情報ナビ

http://www.hoiku4510.com/