男の子の育て方~「男の子を叱るとき、どんなふうに叱れば効果的?」

標準

☆みなさんにシェアしたいmixiコラム「男の子の育て方~「男の子を叱るとき、どんなふうに叱れば効果的?」元記事を転載させて頂きます。

 

カウンセラーである著者によく寄せられるママたちの声をご紹介したいと思います。今日のテーマは、「男の子の叱り方」です。

 

男の子の脳、女の子の脳には特徴があります!

女性は右脳(感じる域)と左脳(ことばの域)の連携がしっかりしているのに対し、男性の脳は右脳と左脳の連携が少ないという特徴があるそうです。

ですから、私たち大人でも女性は感じたことを言葉にできるので、何時間でも話せる人が多い中、ほとんどの男性は女性よりも言葉数は少なめです。

子どもでも、同じことが言えるのではないでしょうか。

 

男の子にはこんな叱り方が効果的☆

男の子を育てる上で気をつけたいのが叱り方です。先ほど書いた通り、男の子とは女の子よりも「言葉」が器用ではないことを忘れないようにしましょう。

柔らかく、くどい言い方は効果ありません。目を見て端的に、具体的に言うことが大切です。

抽象的な「ちゃんとしなさい!」なんかは、空気の読める女の子と違って、男の子にはまったく通用しないんですね。

 

繊細で優しい男の子、プライドを傷つけないように!

男の子の叱り方で一番気をつけたいのが、プライドを傷つけないことです。男の子はママが思っている以上に、繊細で傷つきやすい面があります。

他のママやお友だちがいる前で叱ることはプライドが傷つく恥ずかしいことですし、「こんな簡単なこともできないの?」などという人格を否定するような言葉はやめましょう。

叱るときはふたりきり。悪かった行動に対して、具体的に注意するようにしましょう。

 

まとめ

ママにとっては、男の子は未知の生物と同じですね!何度叱っても、言うことを聞かないなんてこともあるでしょう。

何度考えても完全には理解できないと割り切って、パパにアドバイスをもらうのも良いかもしれませんね。

 

幼稚園教諭や保育士など保育の求人サイトはサワダヒューマンワークス
https://www.s-humanworks.com/
保育の仕事情報ナビ
http://www.hoiku4510.com/