【97%の2~3歳児が○○○な絵本】ルールはたった1つ…「このボタンを押しちゃダメ」

標準

☆みなさんにシェアしたいmixiコラム「【97%の2~3歳児が○○○な絵本】ルールはたった1つ…「このボタンを押しちゃダメ」」元記事を転載させて頂きます。

 

 

 私たちが『鶴の恩返し』から学んだのは、「タブー」を犯すと手痛い目を見るということ。人がタブーを犯したくなる心理は「カリギュラ効果」というらしい。「見るな」と言われれば見たくなるし、「するな」と言われれば、むしろしたくなる。

 

 この性質は、大人も子どもも問わない。むしろ、好奇心旺盛な子どものほうが、タブーを犯したくなる。そのたびに、親は「ダメよ!」と止める。

 

 ユニークな2〜3歳児対象の絵本がある。書名は『ぜったいに おしちゃダメ?』(ビル・コッター/サンクチュアリ出版)。32ページの短いストーリーの中で登場するのは、不思議なモンスター「ラリー」。そして、たった一つのボタン。これだけ。

 

しかし、このボタンがクセモノだ。

 

本の扉を開くと、こんな注意書きがある。

 

 

おとうさん、おかあさんへ
ボタンをおすと
たいへんなことが おこります
おこさまが ボタンをおさないように
じゅうぶんちゅういしてください

 

 

 子どもに「このボタンを押したらダメなのよ」と言って、親はページをめくる。すると、ラリーが登場。あらためて絵本のルールが説明される。ラリーの隣には、“押してはいけない”ボタンが。

 

 どんどんページをめくっていく。ラリーは、「でも、おしたらどうなるんだろう」「ダメだ」「ちょっとだけ、おしちゃおうか」と子どもを誘惑する。どのページにも、ラリーの隣にあるのは“押してはいけない”ボタン。「押してみてよ」というボタンの声が聞こえてきそうだ。

 

 そして、ガマンできずボタンを押してしまうと…(タイヘンなことが起こるが、それは本書にて確認を)。

 

 読んだ子どもの97%が声をあげて笑い、90%が「もう1回読んで」とおねだりするという本書は、Amazon 売れ筋ランキング「絵本」で2位(2017年11月30日時点)。

 

 親子でどちらが先に押してしまうか、ガマン比べをしても楽しそうだ。

 

文=ルートつつみ

 

 

幼稚園教諭や保育士など保育の求人サイトはサワダヒューマンワークス
https://www.s-humanworks.com/
保育の仕事情報ナビ
http://www.hoiku4510.com/